読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

居場所ってなんだ。(退職しました)

f:id:hug89hug:20170501215328j:plain

写 真 の 季 節 感 !


こんばんは。おはようございます。こんにちは。

 

いやー。随分ご無沙汰しております。わたしです。覚えていますか。

 

さて。怒涛の4月が終わりました。


なんだこの4月。何があったの。一体何が起こったの。ってくらい忙しかったです。
きっとそれは有り難いことなんだけれど、本当に仕事や日々を「こなす」ひとになるんじゃないかと何度も自分を嫌いになりかけました。(なりかだけにね。ってこら。)


予定ではこのブログも毎日続けていたら繁忙期前に100日目を迎えて、めでたしめでたし。になるはずだったのですが…
ここまで書けなくなるとは思わなかったです。読んでくださっていた方、書けなくなっちゃってごめんね。いるかな。いる…かな。チラッチラッ

 

(忙しいときの人の心の繊細さたるや。ね。)


さて。今日は書きたいことがあって、久しぶりに文字を打っています。

 

4月が終わりましたね。ええ。ということで。はい。

 

 

4月いっぱいでわたしは、勤めていた会社を退職いたしました。

 

 

今日から社会保険が使えません。(そこ!?)

 

 

元々2016年いっぱいで。という話だったのですが、新しいチャペルのオープンとかもういろいろありまして。
上層部ともいろいろとお話をして。(有難いことに毎晩毎晩説得していただいて)

そして今、約束の春が来ました。

 

 

一言で言うと 長 か っ た ! ! ! ! ! ! ! !

 

辞めます宣言から今日までがむちゃんこ長く感じました。そしてそれはとても濃い時間でした。

 

 

話せば本当に長くなるのですが、

「関わらせていただける人に喜んでもらいたい。」という自分の欲求を満たすための

ネクストステージへの階段一段目が見えたので、

そこに立たせていただきたいと思います。

 

この先わたしは…と書きたいのですが、まだちょっとちゃんと書けないのです。

や、多分、書いても問題ないのかなーとも思うのですが、やってみないとわかんないじゃんね!な感じなので、はい!察して!大人!わかんないけど!書いていいのですかね!いいの!?(誰宛だ)

 

 


この4月は、本当にいろいろと感じることがありました。

主に今後関わらせていただく方たちと、前を向いている日々。な印象だったのですが
(ずごかった。すごかったですよ。もう。はい。)

でも今日くらいはきっと回れ右をして、前の会社でのことを書いてみてもいいかもなと思って残したいと思います。
(本当に自己満足文です。許してたも)


さて。


ヘロヘロな気持ちで東京から戻ってきた約2年前の沖縄。
この会社では、地元婚の会社にいたときよりも確実に成長させていただきました。

次々出てくる新しいクライアント、新しい会場、新しい企画、いつも綱渡りなスケジュール、育成、管理、調整、撮影撮影撮影。ギリギリのところで踏ん張ると、ひとは本当に限界値を広げられるんだなと何度も思いました。

何度も「これってフォトグラファーの仕事じゃないよね!?」と思いながら

「や、これはわたしの仕事だ。」と立ち返らせていただきました。

たくさんの可愛い後輩ができて、みんなが頼ってくれて、嬉しかった。

そこは確かにわたしの居場所でした。
(むっちゃブラックだったけど!むっちゃブラックだったけど!

 

 

そうやって信じる気持ちがわたしを踏ん張らせてくれて、
同時に諦めたくない気持ちがわたしに前を向かせてくれました。


沖縄という環境のこと、自分自身のこと

もっともっと思うことや書きたいことはあるのでこれは追々タイミングがあれば書かせていただくとして…

力になりたいと思わせてくれるこの会社の人たちに出会えたのは大きかった。
わたしに何ができるだろうと、日々がむしゃらに駆け抜けました。
いろいろ磨り減ったけれど、そのおかげで大切にしたいと思えることが見えた気がします。

本当にこの仕事は尊いなあ。と思って、うまくできなくて悔しくてひとり夜道に何度も泣いたなあ。
何度も何度も星空にも、青い海にも救ってもらったなあ。
寝ないようにビンタしながら58号線を走った日々も今となっては懐かしい思い出です。
いろんな人の、いろんな立場からの意見も聞けて、同時に何度も「知らんがな!」と思いながら
何よりもチームって強いなあと思いました。
そしてわたしは「自分のためだ」と言い聞かせながら「誰かのために」もないと踏ん張れない人間だと再認識させていただきました。


BtoBの仕事のジレンマに何度も悔しい思いもしました。
胸を張って良い仕事をしたと思っているのにそれを表に出せないことに悔しさを感じたりして
周りのフリーランスの友人を羨ましく思うことも何度もありました。
比較の中に本質はないって言うのにね。彼らだって悔しい思いも苦しい思いもしているのにね。


そんな過去が確実にわたしをここに連れてきてくれました。
諦めたくないって思いが、わたしを腐らせないでいてくれました。

前よりも少し進めたと思ったら、まだまだスタートにすら立っていなかった。
こんな調子でいつかどこかに辿り着けるのだろうかと不安にもなるけれど

わたしの前を行くあの人も、あの人も、あの人も、きっと
そうやってわたしに背中だけを見せてくれているんだよな。


そう思って少しでも良い写真を撮れるように前を向いていこうと思います。


わたしもあなたもあの人も、スーパーマンじゃないから
エネルギーとかいろいろ、有限なんですよね。
なのについ、見ないふりをしてしまう。
疲弊してしまう毎日を、磨り減る心を見ないふりしてしまう。

いかんぜよ!!(誰だ)




あなたが、あなたの大事なひとを想うように
あなた自身も大切にしてあげてください。
疲れたら労って。抱きしめて、たくさん寝て。暖かいお風呂に入って。
好きな歌や好きな景色や好きな人に囲まれて
言い聞かせずとも世界が今日も美しいと思えるように。
そこに居てくれるだけでいい。居たいと思うそこがあなたの居場所だ。


強がりや、自分は無価値なんじゃないかっていう弱い心も全部そのままにして
顔を上げた先が光り輝いているのなら
勇気を出して足を踏み入れてみてもいいんじゃないかな。


「安心が欲しい」と何度も声にするくせに
また不安だらけの環境に身を投げてみようと思います。

いつだって、迷ったら勇気の要る方へ舵を切る自分でいよう。



居たいと思うそのキラキラの場所が
いつかわたしを求めてくれる居場所となりますように。



進め!樹利佳!未来はこっちだ!!!!



ということで、新しく次のステップへ進むわたしもどうぞ宜しくお願い致します。

沖縄のウエディングが、もっともっと素晴らしい可能性を持って深まり、広がっていきますように。一緒に素敵なことしよう!


それではきっと、またあした。(久々!)

たらしめるものを愛す。

f:id:hug89hug:20170228023249j:plain

 

映画を観ました。

ちょっとだけ久しぶりに。ひとりで。

 

観た人みんなが「すごくいいよ!」と絶賛していたので

つい。お休みの日にスケジュールを詰め込んでしまったのであります。

 

 

インプットもアウトプットも

どちらもやっぱり大切だよなと。

 

すごくあたりまえのことなのですが

体験して、再認識を致しました。

 

よかったなあ。すごくよかった。

内容をここに書きたいけれど、ネタバレしてしまうのでぐぐぐと我慢。

 

ぜひ観に行ってね。(『LA LA LAND』でした。)

よければ。ひとりでも、大切な人とでも。

 

 

 

さて。

今日は恋愛についてちょっと。(映画が恋愛ものでもあったのだよ)

 

昔、すごく好きになってもらえたひとに対して

同じように気持ちを返すことができずにいたとき

相手に対して

「いったいわたしなんかのどこがそんなに好きなんだ」

と尋ねてみたことがあります。

 

「なりかがなりかだから好きだ」

 

たしかその人はそんな感じのことを言ってくれました。

 

 

その頃はなんじゃそりゃ。としか思えなかったのだけれど

 

それから時を重ねて、大人になって

(ドリカムじゃないけれど)最初から叶わないことの方が多い、

大人なりの恋をしたときに、

 

「キミはいったい僕のどこがすきなのさ」

 

という風に尋ねられたことがあります。

 

 

それに対してわたしは

 

「あなたを、あなたとして存在させているものの全てですね。」

 

みたいな感じで答えた気がします。

 

伝わったのか伝わってないのかわからないのだけれど

笑いながら「そっか。笑」と返してくれたそのひとは

 

昔のわたしと同じように、

問うた人と同じ気持ちではなかったんだろうなと

思ったのであります。

 

 

叶わない恋は切ないのう。

 

 

 

大人になって、勢いの大切さも感じつつ

なかなか人を「唯一の人」として

好きになる、或いは 好きだと認めるというのが

ちょっぴり恐くなってしまいます。

 

(もちろんそれは人によるのだとも思うのだけれど。)

 

 

自分の心に素直になったり

素直になれない原因と(恐いけれど)向き合うっていうのは

本心で欲しいと思っている答えを

近づかせてくれるのかもしれないなあ。

 

 

 

今日はなんだかいろんな感情を持った一日でした。

 

空間を開けたら

面白いようにそこに新しいものが流れ込んできたなあ。

 

 

ゆとりのある生活、プライスレスだ。

 

 

 

今日も会いに来てくださってありがとうございます。

 

わたしを、わたしたらしめるものを、愛そう。

 

 

それではきっと、また明日。

溢れたなかで泳ぐ。

f:id:hug89hug:20170227004420j:plain

 

 

久しぶりに

すごく久しぶりに

緊張しない空間の中で

昼過ぎまで寝ました。

 

何かがプツンと切れたみたいに

昼過ぎまで寝たその後は

 

わたしはしっかり

夕方まで寝ました。

(寝たんかい)

 

 

誰だよ2月閑散期って言った人!!!!!!!!!

 

ということで。

随分感覚を開けてしまってごめんなさい。

たぶんちょこっと復活しました。わたしです。

…お、覚えてる?(おどおど

 

 

最近の投稿が「キャパオーバー」とか

「したいことを見つめる」とか

そんなのばっかりになっていて

気づいてはいたつもりだったのですが

頭の中がいっぱいいっぱいでした。

 

もーね、自分の力を過信してはいけません。本当。

 

 

チーム違いの後輩の愚痴を聞くほどわたしには余裕はないし

どんどん湧き出る無茶振りの全部をこなせる余裕もなかった。

 

 

そして何より睡眠って大事なんだなあと

たくさん寝て久しぶりに疲れの取れた身体と頭で

じーんと実感するのであります。

 

 

ごめんよう、わたしの頭と心と身体。。。。

もうわたしはアラサーだった。

 

 

可視化できない有限なものを

ある程度測れるようにならねば。

 

がんばります。はい。

 

 

そういえば先日

はじめてメインでサンプル撮影をさせていただきました。

(というかサブカメなしだったよ。ひいい…)

 

ライティングのサポートを上司に受けながら

たぶんこう。だぶんコレ。

みたいな感じで無我夢中でした。

(しかもドン曇りだったよぎゃーれー)

 

新人さんたちもサポート見学しながら撮影だったので

クライアントの後にデータを見せながらやると

「すごーい!」とか言ってくれるのだけれど

 

サンプル撮影現場見させていただいたのも数回なので

内心はめっちゃひやひやでした。

 

でもまあいつだってこうだよね。

機が熟すことはないし、

自信持ってできるようになるまで待ってもらえる環境なんかない。

 

 

頭のなかでしっかりイメージを持って

説明できる写真を撮れるようになろう。

 

商品を撮るってすごく大事。

一見当たり前のように見えるけれども。

 

 

前を見ることと

足下を見ることが

バランスよく出来るようになったらきっと素敵だな。

 

ひとつ、ひとつ、持ちすぎた荷物をおろして

 

一歩、一歩、歩いていこう。

 

 

今日もこんなブログを読みに来てくださってありがとうございます。

 

撮影に支障をきたしそうな睡眠時間のなか

これを書き続けるのはなんだか違うなと思ったので

ちょっとお休みをいただきましたが

 

今回のブログは自分に甘くいく宣言したので

またゆるっとどうぞよろしくです。て、てへ。

 

 

溢れた中で泳ぎ続けると

きっとそれなりの泳ぎ方が会得できると思っていたけれど

そうでもなかったみたい。ということに気がつけました。

 

こぼれてしまった水は

いまは受け止められないよって

かえしてみよう。

だってここはわたしの海だから。

 

 

会いに来てくださって本当にありがとう!

 

 

それではきっと、また明日。

 

 

 

 

その自信は過信にならないか。

f:id:hug89hug:20170224232937j:plain

 

 

芯のある人の言葉は強い。

 

経験から裏付けされた行動は安定感がある。

 

そう思って、そう在りたいと思って過ごしているけれども

 

 

自信をつけないと

胸を張って差し出せないから

 

最初は嘘っぱちでも

強がる必要性があった。

 

 

不安はわかりやすく、伝わってしまうから。

 

 

「自信を持って」

 

と云うのは容易くとも

 

自信の付け方は教えられない。

 

 

そう思いながら、今日、ちょっと

 

わたしも昔は今よりも自信、なかったよなあ。と昔を思い出していた。

 

 

場数を踏んで、想像して、失敗して。

 

守りに入りたい自分を叱咤して、チャレンジして少しずつ。

 

 

 

 

自信がないわけではないけれども

 

胸を張ってその姿を見せなきゃいけないこともあったから

 

 

 

でもね、なんというか、

ふと。

 

この自信は過信になっちゃいけないよなと

 

思ったのでありまする。

 

 

 

無理矢理つけたような自信だけど

 

やっぱり、つけなきゃやってられなかったから

 

 

今度はその自信をちょっとリセットして(こういう言い方が正しいのかアレだけど)

 

 

もいちど、立ち返ってみたいなあと思った。

 

 

 

 

その時の良いと思っていること、やっぱり変わっていくよね。

当たり前だけれど。

 

 

進化し続ける人が、やっとキープできるようなもんだ。

 

おごらず。謙虚にいよう。

 

 

 

だめだあああ余裕がないと中身が散ってる!許して!(だから誰にだ

 

 

 

 

今日もこんなブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

明日も撮影だ、しっかり寝よう。

 

 

それではきっと、また明日。

長く関わること。

f:id:hug89hug:20170224081123j:image

 

親友が女の子を出産した。

 

嬉しい。

すごく嬉しい。

 

 

出産前に撮ってー

と言ってもらえたので

少し前だけれどコスモスとぱしゃり。

 

(コスモスが満開だよーって書いたブログのアレですね)

 

あいにくの曇空だったけれども

 

シンプルが一番好きだなぁ。

でもなんかこう、少し照れるね。

 

 

彼女とは高校の時からの友達で

一度もクラスは一緒になったことはないのだけれど

吹奏楽部で同じクラリネットを吹いていました。

 

100名いる部員数の中で一番人数の多いパートがクラリネット

でもわたしの代はそのパートの同学年が3名しかいなかったこともあって

彼女とはその時から仲のいい友人でした。

 

 

仲良くしてくれる友達はたくさんいるけれど、親友と呼べるのは間違いなく彼女だなぁ。

 

 

全然会えていなくても

昨日会ったかのように話せて

共有していないことは無いんじゃないかと思わせてくれる存在です。

すごく大切な人だなと改めてしみじみ。

ありがとね。

 

 

実はわたしは人をお出かけや食事に誘えないタイプでして

 

 

誘っていただけたら全力でお受けしたい感はあるのですが、自分からはこの親友すらも食事にも誘えない謎のヘタレなのです。

 

けれども、彼女へは何かあった時に深夜でも連絡はできる

不思議な距離感の近さがあるのです。

 

 

今の旦那さんに出会う前も、出会った時も

喧嘩した時も、仲直りした時も、

結婚が決まった時も、妊娠がわかった時も

いっぱい一緒に話したなぁ。嬉しかったなぁ。

 

 

そうやって、長く関わることができる人が

身近に居てくれるって有難いです。

 

お互いの幸せを思って泣ける存在

プライスレスだぜ。

 

 

結婚も出産もなりかが先だはずね。

とか言ってくれてたのに予想通り全部先を越されているけれども。笑

 

もしわたしにこの先パートナーや家族が出来てもできなくても

殆ど遠慮なく関わり続けていきたいので。

深く、末長くよろしくだぜ。

 

と、本人には恥ずかしくて伝えられないのでブログに書くヘタレなのでありました。笑

 

 

 

ここ2日はサンプル撮影や早めの挙式やらでちょっと間が空いちゃいました。ごめんよう。(誰にだ)

 

3回目の100日ブログは自分に優しく。

許容範囲内の日数だったら続けて書くことで許してもらおうかなぁと思っています。2日が上限かなぁ。許して!(誰にだ)

 

 

今日も会いにきて下さってありがとうございます。

 

後輩に「なりかさんのブログなんかほっこりしますね」って言ってもらって照れてるわたしです。

 

実際は全然ほっこりキャラじゃないですけどね。笑

 

 

今日もいい日でありますように。

いい日にする!あたいする!

 

 

それではきっと、また今夜。

 

 

 

今だから響くもの。

f:id:hug89hug:20170221233401j:plain

 

 

 

最近、後輩ちゃんがよく涙する。

 

その殆どが悔しい。って感じの涙で

 

その様子を見ては

「ああ。良いカメラマンに育ったなあ。」と

こっそり。むちゃんこ。嬉しくなります。

 

 

彼女も全くの素人さんから、うちの会社に入ってくれた子で

彼女にとっても最近「後輩」と呼べる存在ができて

 

 

そういう彼らの会話がじーんとくるものが多くて

あー。こんなカメラマンに撮ってもらえたらきっと幸せだなあ。と

思えるようになったのであります。

(技術はまだまだだよー!それはあたいもだけどー!)

 

 

大体がポロポロ涙を流しながら

「もっと撮れた。2人が欲しかった写真はもしかするともっとこんな感じの写真だったかもしれない。」とつぶやいたりすると

 

彼女なりに後輩ができたことによって

もがいている感じがしてね。すごく、素敵だなあと思うのであります。

 

 

嬉しいなあ。なんだか。うん。

そういう心を持ってくれてるって

もちろん彼女の元々の素直さから来るものなのだけれど

 

新しく現れた壁に向かって

試行錯誤している様子を見られるっていうのが

なんというかとても嬉しいのでありまする。

 

 

あのときは響かなかったけれど

今だからわかるとか

そういう類の言葉って、結構あるのかもしれないなあ。

 

本との出会いが結構そうであるように

出会うべき言葉や人とかって

結構それっぽく言っちゃうと「必然的」だったりするものなあ。

 

 

 

きっと、いまわたしをちょこっと悲しい気持ちにさせているものやことって

 

きっと、いまのわたしに(ちゃんと向き合えよーって意味も含めて)必要なものやことなんだと思います。

 

 

忙しく駆けていく日々の中に

ちゃんと立ち止まったりする時間が持てることのなんと有り難いことか。

 

 

うん。

 

 

 

昨日よりも、今日はぐんと、心が穏やかです。

 

 

うん、仕事がんばろ。

 

 

 

今日も会いに来てくださってありがとうございます。

 

 

 

なんだか健やかな心なのでこのまま眠ってしまうのだー!

 

 

 

 

あなたの今日も、良い日だったかな。

 

 

 

明日もきっと素敵な一日でありますように。

 

 

大事に、軽やかに、日々を生きたいなー。

 

 

それではきっと、また明日。

 

 

 

ただ解決をさせたいが故の殴り書きなう。な、日。

f:id:hug89hug:20170220233720j:plain

 

 

 

日々増えていくタスクをこなすために

自分のキャパシティを広げたいと思うのだけれど

 

それができていないことが重なると

悲しくなってしまう。

 

 

自分の力でどうにかできることと

もちろんわたしがどう頑張っても変えられないこともあって

 

余裕が無いと、あんまり自分の好きな自分でいられない。

悔しい。結構ずしんと、悔しい。

 

 

だから自分で自分の好きなことを理解して

苦手なことと適切な距離を取って

自分なりに生きてゆきたいと考えているのだけれど

それもそれでなかなかに難しい。

 

 

 

どうしたらいいんだろう。

 

 

 

わたしは解決がしたい。

 

 

 

嘆くのは楽だ。

できない、できるようになりたい、悔しい、歯がゆい

 

でも、だからなんだって言うんだと思う。

 

なんで出来ないのかを考えようよと思う。

 

 

 

 

だから今やります。

 

 

 

今、わたしが何故こんなにキャパオーバーになってしまっているのか

 

 

事案から逆算して考える。

 

 

仕事をたくさん抱えてしまうのは

心地よい空間を作ろうとしてしまうから。

わたしの範疇の外のものまで、困っているのを見ると

つい手を差し伸ばしてしまう。

 

でもそれは本当はわたしの仕事じゃない。

やるべき人がやるべき。わたしはわたしのすべき事柄に力を注ぐ方が本当は大事。

 

 

できない状態の後輩を

デビューできるようにサポートしたいと思うし

するべきだと思う。

でも、本人に撮りたい意志や責任感がないのなら

こちらがどれだけ伝えても響きはしない。

 

これも本当はわたしの仕事じゃない。

引き上げるのは簡単。ゴールも近づく。

でも転んで気がつくことがあるように、いつまでもデビューできないとしても

どこかでちゃんと突き放すべき。過保護反対。誰のためにもならない。

 

 

 

自分の価値を、下げてしまっているのは

他ならぬわたしなのだと思う。

 

わたしの時間はどのくらい価値のあるものなのか

健やかな心や身体からの乖離を

見て見ぬふりをしてでもそれはすべきことなんだろうか。

 

 

 

 

 

多分、いまのこれは全てわたしの弱さが引き起こしていることだ。

 

 

するべきをきちんとしていれば

大丈夫だ。

 

余裕が無いのに他のことに手を差し伸べるのは違う。

それは教育でもサポートでもなんでもない。

自分のエネルギーを安売りしているだけに他ならない。

 

 

 

人には言えるのに、自分にはいつまでたっても言えないわたしなので

今日はちょっと強気に自分に喝を入れてみました。

 

 

わたしの価値を、自分で下げない。

利用だけしようとしているひとやコトをきちんと見極める。

適切な欲を持つ。

 

大丈夫だわたし。

信じろ。未来はこっちだ。

 

 

 

 

今日はちょっと個人的にむちゃんこ凹むことがあったのですが

次元を超えたハグをもらって復活させてもらったのでした。

ありがてぇ!ありがてぇ!

 

 

 

強く生きるぞわたし。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

 

 

 

健やかな思考と身体を意地を張ってでも守っていこう。

 

 

 

それではきっと、また明日!