読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

繋がりをありがとう。

f:id:hug89hug:20170212090645j:image

 

 

 

わたしの会社はBtoBの会社です。

 

なので、直接お客さんから

「あなたに撮ってほしくて」

とか

「この会社のテイストで撮ってほしくて」

みたいな形でのご依頼はなくて

 

「この場所で撮りたいのでお願いします」

 

で、どんなカメラマンが来るかわからないまま当日を迎えます。

 

なので撮影が終わった後も、その時のカップルと連絡を取り合ったりすることができません。

 

 

 

でも、有難いことに

「あのとき写真撮ってくれたカメラマンさんの個人アカウントとかないですか?」

とか

「あのときのカメラマンさんに披露宴本番も撮って欲しいのですができますか?」

とか、言ってもらえたりします。

 

むちゃんこ嬉しい!

 

 

 

 

 

昨夜、それとはまた違うのですが、

ご縁あって撮影をサポートさせていただいたカップルがまた沖縄に遊びに来られるとのことで、

 

「なりかさんよかったら会えませんかー?」と声をかけてくれました!

 

 

 

 

うううう嬉しい!!!!

 

 

 

 

撮影がキッカケで繋がりをもてる。

 

その繋がりを続けていける。

 

 

本当に本当に嬉しくて

ありがたいなぁと思います。

 

 

 

わたしも早く名前で仕事が出来るようになりたいなぁ。

 

 

 

と、昨夜は楽しすぎて更新が出来ず、翌日になってしまったわたしを許してちょんまげ。

 

 

 

朝なのでテンションがむちゃんこ高いです!

 

 

沖縄の2月を貼り付けて逃げますね。

 

 

f:id:hug89hug:20170212100244j:image

 

iPhoneクオリティ!

 

 

 

それではきっと、また今夜。

「望まれる」と「望む」の間で。(其の二)

f:id:hug89hug:20170210233054j:plain

 

 

 

冬になると

「サムイ」と「サミシイ」を混同しがちになるから、

ちゃんと気をつけたい。

 

 

自分が何に意識を置いているのか、

気をつけておかないと、あっという間に楽な方へ流れていったりもしてしまうから。

 

 

楽な方へ、流れるってことはね

それはそれできっと いけないことじゃあない。

 

 

 

一緒に居て、「あぁ楽だなあ」と感じることができるひとと

同じ時間を過ごす。っていうのは

穏やかな多幸感に包まれたりするしね。

 

 

でもわたしはまだまだ自分に甘くて、弱い人間なので

 

 

ちゃんと意識しないと、つい、つい。

 

 

求められる方へ、漂ってしまったりもしてしまうのだ。

 

 

 

求められる、というのは

素晴らしいことだと思う。

必要とされていない人なんて、いないってことはわかっているけれど

 

「キミが必要だ!」と示してもらえるのは、すごくね、素敵なことだと思う。

 

 

だから、その居心地の良さを求めてしまうことを

完全に否定はしたくないのだけれど

 

 

それが弱さからの逃げによるものだとするならば

ちゃんと、注意が必要なのです。

 

(わたし宛のね、言葉ねこれ。)

 

 

 

 

必要とされるから、居る。のではなく

わたしがそこに居たいから、居る。

 

で、ありたいなあ。

 

パートナーであっても、仕事であっても、友人であっても。

 

 

何かに責任転嫁をしなくても、

何かに言い訳をしなくても、

 

 

その道を望んだ自分を、ちゃんと抱きしめて進んでいきたい。

 

 

そういうわたしでいたいものです。

 

 

 

 

今日は結構、健やかな気持ちでいられているので

ブログの内容がライトな感じです。

 

 

これはこれで、なかなかによいなあ。

 

 

 

 

 

軽やかな気持ちのまま、眠ってしまおう。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

寒さに拍車がかかるけれども

背筋を伸ばしていこう、ね。

 

 

それではきっと、また明日。

 

頑張らない方法。

f:id:hug89hug:20170209232109j:image

 

 

 

求められると嬉しいし

 

応えたい気持ちがあるわたしは

 

つい、つい頑張り過ぎてしまう、らしい。

 

 

らしい。と言うのは、どうもあまり自分自身にはその自覚がなくて

 

 

余裕がなくなったり、疲れてしまった後に気づくパターンが多いから。

 

 

疲れてる時や、優しくできないときに言われる、と言うのは殆どの場合なくて

 

 

優しい人に

「もう少し肩の力抜いたら?」

とか

「そんなに頑張らなくてもいいよ」

とか

「要領よくやりな?」

とかって言葉をかけてもらえて、はじめて気がついたりすることが多い。

 

 

これってわたしあるあるかもしれないのだけれど、

絶対に、「わたしだけ」ではない事柄だよなぁと思う。

 

 

そういう、周りにもいる、つい「頑張り過ぎてしまう人」っていうのは

一体どういう風に自分をコントロールしていっているのだろう?

 

 

どこかのタイミングで自覚をして、

そういう事柄との対応方法を自分なりに会得しているのかなぁ。

 

 

 

考えることが嫌いではないわたしは、結構こういうことに立ち止まったりします。

 

 

考え過ぎだよーとか

疲れない?とかって言われるよりも

 

考えることによって、自分なりの答えが見つかることの方が嬉しいし(それに固執してしまうのはよくないと思いつつも)

 

「実はこんなこと考えてるんだー」って言うことで

他者からの見解を聞けたりする方が有難いので

 

ただなんとなく生きるよりは、自然に出会う疑問符に、

都度都度対峙できるわたしでいたいと思います。

 

 

 

まだいける。って思うことは素晴らしいけれど

 

アラサーなりに、「ちょっとここで一旦休憩」

みたいな腰掛けるタイミングを

作れる大人になりたいなぁ。

 

 

 

今夜は都心では雪が降ったみたいですね。

 

 

沖縄も沖縄なりにむちゃんこ寒かったです。心の中では雪合戦できるレベルだと思っています。

 

 

 

いつも、こんな下らない個人の日記ブログに、足を運んでくださって、本当にありがとうございます。

 

来てくれる人にお茶を出しながら

ちょっとゆっくりしていきなよーって出来たらいいのになぁ。

 

 

今日も会いに来てくれてありがとう。

 

 

それではきっと、また明日。

 

プロとアマの違いって何ですか?

 

f:id:hug89hug:20170208231503j:plain

 

 

今日はご依頼戴いてある友人を撮影させてもらいました。

そのあとその子たちと一緒に

ご飯を食べていると ふと

 

「プロとアマチュアの違いって何だと思いますか?」

と尋ねられました。

 

 

うーん。

 

プロとアマの違い、か。

 

昔結構、考えたりしたなあ。。。。

 

 

これだ!っていう正解はわからないです。わからないんですけれど。

それを今のわたしなりの解釈で話すならば

 

 

「自分に求められることを理解し、それを安定供給できること」

かな。と思うのであります。

 

 

まず、第一に求められるものを持っていることが前提で

それをきちんと 求める人へ差し出せる状態にある。

そしてそれは安定して提供できる状態にある。こと。かなあ。

 

 

 

でもこれって正直 人それぞれの解釈だよなあ。

 

 

 

 

 

いまのわたしは、こう考えているけれど、

少し先のわたしは違っているような気がします。

 

 

なんだろう。その先にちゃんといたいと言うか。

自信を持ってネクストステージに立っていたいです。

 

 

プロとアマの違いって、何だと思いますか?

 

 

尋ねてくれた友人は奏者さんだったのだけれど

わたしはその質問に対して

前よりは自然に答えを出せた気がするなあ。

 

 

 

そういえばNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」とかも結構すきで

Twitterbotの呟きも、思えばよく見ていました。

 

デザイナーや、料理人、外科医、経営者とか

その時特集された人に最後に聞くやつあるじゃないですか。

 

「プロフェッショナルとは?」

って。

 

それのアンサーが書かれているのですが、

これが結構面白いのです。

 

何が面白いって、やっぱりそれは当たり前のことなのですけれど

職種によって返答が違うんですよ。

 

クリエイティブ系は近しい返答なのかなーと思いきや

看護師さんの言葉に「これリアルタイムに今のわたしだ!」

と共感したり。

職人さんの言葉に孤独を見たり。

サッカー選手の言葉にエンターテイメント性を見たり。

 

 

非公式らしいんですがなかなかふむふむできるので良かったら。
回し者じゃないよ!笑

twitter.com

 

 

最近、なかなかにゆったりとした自分の時間を取ることが

上手に出来ていないような気がします。

 

 

忙しいことはきっと良いことなのだと思うけれども

めまぐるしい毎日の中で、きちん、きちんと

立ち止まれていないような気がするのです。

 

良くないなあ。

 

 

自分の時間を、自分でコントロールできるようにいようと思います。

 

だってこれはわたしの人生だから。

 

 

今日も今日でパタパタしたなりに楽しい1日でした。

そう思わせてもらえる環境があるって、有り難い。

って気持ちは失わずにいたいものです。

(それで本質を見失わないようにもね)

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

寒くなってきたから、暖かくして過ごしてくださいね。

 

 

 

それではきっと、また明日。

ピュアな人。

f:id:hug89hug:20170130015851j:plain

 

 

ちいさな出来事に

どれくらい立ち止まれるだろう。

 

 

幸せに対して、穏やかに、柔らかに

 

ああいいな。素敵だなって

 

そんな風に考えてたら

なんてことない毎日でも

結構豊かに生きられるのだと思っているのであります。

 

 

でも、ある日

そんなことを友人に話していたら

 

「小さなことに気づけている人って、もちろん些細な事に傷ついたりもするよね」

 

と言われてしまいました。

 

 

 

 

 

ぐ、

 

 

 

 

ぐさああああああああああああああああああ!

 

 

 

 

 

最近は、ピュアな人のむき出しのひとことに、

ざっくりやられることが多い気がします。

 

 

 

 

 

ある日、わたしにしてはそう珍しくはないことなのですが

とある人の愚痴を聞いていました。

 

その場にいた他の人の少し気まずそうな顔見てわたし

 

 

「愚痴を聞くのもわたしの立場的に必要な仕事だからさ…(苦笑)」

 

 

 

 

するとその人曰く

 

 

 

「じゃあなりかさんの愚痴は誰が聞くんですか?」

 

 

 

 

 

ぐさああああああああああああああああああ!

 

 

 

 

 

 

ピュアな人の力って、ピュア故に、強い、ね。。。。

 

 

 

わたしの愚痴か、(遠い目…

 

 

 

 

 

いかん。日付が変わってしまう。

 

 

 

一旦ご飯食べてきます。

 

 

今夜はカレーよーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

 

 

ただいまーーーーー!!!!(テンション)

 

 

 

 

ピュアな人って括り方はずるいなぁとか思いつつも

 

わたしがピュアじゃなくなったのって

たぶん、傷つきたくないなって気持ちが

自分が可愛いって気持ちが優ってしまってからなのだと思うのです。

 

 

ピュアな人に、そういった気持ちがないと言いたいわけではないのだけれども

 

 

ピュアな人って

欲、にしても

シンプルな人が多い印象なのです。

 

 

いいなぁ。ピュアな人。

わたしもシンプルに、生きられるようになりたいな。

 

 

 

あんな時間にカレーを食べてしまったことを

今、ピュアに後悔しています。

 

 

 

時に天然とも言われてしまうような彼らのことが

 

わたしはなかなか、好きなのです。

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとう。

 

 

その両の手に持っている重い荷物も

一旦置いて、軽やかに踊ってみてもいいかもね。

 

 

それではきっと、また明日。

 

優しさと他者への関心の低さについて。

f:id:hug89hug:20170206232423j:plain

 

 

「やさしい人が好き。」

なんて言うことを

異性の好みについて話すときに、それなりによく聞く。

 

 

先日、とある男性と話す機会があったのだけれど

そのとき、彼は その「やさしい人」っていうのは

ちょっと危うさを孕む可能性がある。

ということを教えてくれた。

 

 

 

やさしいってなんだろう。

ってところがまず、定義付けしづらいのだけれど、

 

 

そうだなあ。

「そんなに怒らない」とか、「受け入れてくれる」とか

ざっくり言うとそんなところだろうか。

 

 

けれども、

それはもしかすると

「他者に対して関心が低い」ってことと類義しているかもしれないよ。

と、

その人は教えてくれたのだった。

 

 

なるほど。と、ふむふむした。

 

 

嫉妬したり、束縛したり、っていうのは

正直するのもされるのもしんどい感情だし

期待したり、落ち込んだり、っていうのも

感情がもってかれちゃうからお腹いっぱいは いらないな。って思ったりする。

 

 

何よりそれは疲れる。

 

 

 

けれども、

できればそういう感情とも

上手な距離感で関わっていけたら素敵だし、

分かり合えない他人と関わる。ということも

それはそれで人生に於いてすごく

尊いことだとも思うのであります。

 

 

 

 

 

 

そういえばわたしは過去に、

「人に期待しない」というタイプの人と

お付き合いをしたこともあったのだれど

 

その人はどちらかと言うと、生きるためにそういう思考を会得した。

っていう印象のひとだったなあ。

 

 

 

 

お誕生日プレゼントも買わないし、欲しくない。

期待値を下回ったときが大変だから、そもそも他人に期待しない。

 

みたいな。

 

 

はじめのうちはそれはまあそういうタイプの人なんだな。

程度に思っていたのだけれど

付き合うにつれて

「あ、この人はわたしや、わたし以外の他の人よりも、

 自分自身にしか興味がないんだな」

と感じていってしまってなんだかすごく寂しかったのである。

 

 

 

 

 

無いものは、ある、にできないし

ゼロからイチを生み出すことは、やっぱりすごく大変。

 

 

 

でも、だからこそ、

 

そういう「淡白」タイプの人から浮き上がる表層部分のものではなくて

誰かの痛みや苦しみに寄り添えるような種類の優しさを

 

きちんと見られる人でいたいな。と

改めて思った夜なのでした。

 

 

 

 

沖縄ではいま、コスモスが見頃です。

 

 

 

摘んで帰ったら、キミは喜んでくれるかもしれないって

 

そういうやさしい微笑みをたたえるひとであれたらなあ。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

やさしさの背後に

強さを宿した笑顔を持てたらすてきだね。

 

 

それではきっと、また明日。

 

誰がための100点。

f:id:hug89hug:20170130015710j:plain

 

こんな時間に帰宅なう。です。 に、2時!


何故かって、父が誕生日だったのです。

ええそうです。カラオケです。(知らんがな)

 

 

ここ最近の我が家は、カラオケ好きの父のために

誕生日はカラオケへ行くのが決まりになってきています。

 

 

おめでとうオトン!またひとつ歳を重ねたのねオトン。

いつもありがとうねオトン。

 

 

 

 

オトン、あのね、あの、でもね、さすがにね、

 

 

ね、ね、

 

 

眠いわ!!!!!!!!!!!笑

 

 

 

 

毎年こうじゃんかー!!!!!

 

って。でも。楽しそうだから良しとします。はい。

ケーキは明日食べようね。

(すみません少し取り乱しました。)

 

 

 

ということで、昨日に引き続き日付を跨いでの更新となってしまっていますが、

ここは沖縄。なんとかなるなる。な精神でいきます…ごめんなさいです!(小声)

いつも本当にこんなくだらないブログ読んでくださってありがとうございます。

深々。

 

 

 

さて、気を取り直しまして。

 

今日はそんなオトンと

歳が近い男性とお話をする機会に恵まれました。

 

 

 

最近のわたしの悩みについて

有難いことにいろいろな方からアドバイスをいただけているのですが、

今日はこの方とお話をしながら、なんとなく心に留まった言葉があったので、

わたしのために ここに残しておきますね。

 

 

 

今まで、というか本当につい最近までわたしは

「100点を目指すことは、尊い。」

と、思っていました。

 

 

でも、今日、その素敵なダンディーさんに

さらっと、しれっと

 

「100点目指しても、案外お客さんがそれを望んでいないこともあるもんだよ」

 

 

と、ご指摘をいただいたのであります。

 

 

 

これは、

聞いた瞬間「うわあああああああ」っとなってしまいました。

 

 

 

 

わたしは完全に、「自分の満足のための100点」を目指しそうになっていたな。

 

 

 

いやね、ついね、

 

こっちが100点を目指して全力で取り組むことは、

きっとお客様のためになる。

 

と、何故だか盲目的に思い込んでしまっていたのです。

 

 

危なかった。。。

 

 

お客様は何も、100点のものをそもそもお望みじゃないことだってあるかもしれない。

 

 

自分にとって90点でも、75点でも

お客様にとってお望みのものでなければ、

目指している100点はこの場合不要だってことも

有り得るんだよな。

 

結構当たり前のことが、見えなくなりそうになっていまいした。

 

 

立ち止まらせてくださって、ありがとうございます。ダンディー

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールの旗を立てると、そこへ向かいやすくなる。

 

ただ、そこを目指して、突き進めばいいから。

 

 

でも。

 

いつしか、その「旗を追いかける姿勢が美しい」のだと錯覚をして

本当の目的がすり替わっていることもあるかもしれない。

 

 

これは本当に、これからも気をつけていこう。

 

 

 

 

 

東京にいるお友達にも

「成長することはいいことだけれど、成長すること、が目的にならないようにね」

 

と指摘してもらったのであります。

 

 

 

立ち止まらせてくれて、ありがとうね。

 

 

わたしは本当に友人に恵まれているなあ。

 

 

 

 

 

 

ダメだ。今日はもう本気で眠たい。

黒髪癖っ毛メガネスーツ渡部篤郎が笑顔で迎えに来ていると言えば

眠気マックスっぷりが伝わりますでしょうか。

 

 

 

 

あ、まって、去って行かないで!!!!

 

 

 

 

 

今日もこんなくだらないブログを最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

 

 

変わり者なあなたのこと、わたし結構好きですよ。

 

 

 

それではきっと、また明日。