読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

何レーンか先に、並んでいてくれる人。

f:id:hug89hug:20170113231412j:image

 

秋なんてなかったかのように冬がやってくる。

 

 

夏はナイフで切ったように終わるってあれ、なんのコピーだったっけな。

 

そんな感じで、始まりの合図もお終いの号令もなく、

 

それぞれの速度で歩いたり走ったりしているんだよね。

 

 

そんな風に改めて思う一日だったなぁ。

 

 

 

フィールドが違うから、彼や彼女がどれくらいの速度かなんてわからないし

 

わからなくてもいいのだと思うけれど

 

 

今の、わたしの何レーンか先で、並んで走ってくれてる存在だなぁと。

 

見せてくれた気がして、またひとつ、心に降りるものがありました。

 

ありがとう。

 

ものすごく豊かな時間でした。

 

 

 

ありがとうを書くたびに、馬鹿げているかもしれないけれども、ああ、本当にわたしはたくさんの人に愛されているなぁと思う。

 

 

これって凄いことだよな。

 

ありがとう。わたしをしあわせにしてくれて、ありがとう。

 

何度でも、馬鹿げていても伝えたいです。

 

ありがとう。

 

 

 

いくつかの、決めたいな、と思うことと、

しばらくの間寄り添いながら

 

進んでみようと思います。

 

 

まだ、決心はもう少し先かもしれないけどね。

 

 

 

最近、ちょっと変なことを思うけど

 

時間って、人生なんだよな。

 

 

自分にも少し、優しく生きられたらいいなと思う。

 

 

人生って

 

長くて、短いなぁ。

 

 

ものすごく面倒臭くて、愛おしいと思う。

 

 

 

明日終わるかもしれない人生だけれど、

それよりは続いていってそうな感じもするから

 

ちょっとだけ我儘になってみてもいいのかもな。

 

 

会いたい人には会いに行こう。

 

 

わたしにとっての、「会いたい人」でいてくれてありがとう。

 

 

明日のあなたが穏やかな優しさに包まれていますように。

 

今日もここで会えて、わたしは嬉しい。

 

 

それではきっと、また明日。