読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

手放す勇気。

f:id:hug89hug:20170114231836j:plain

 

 

日付が変わる前に家に帰ってきてブログを更新したいのだけれど

 

ここ最近有難いことに23時を過ぎての帰宅ばかりになる。

 

そうするともうマッハ。

 

(ちなみにこれを書いている今は23:30を過ぎております。わお。間に合えー!)

 

 

ものすごく嬉しいことに、ここ一週間くらいはずっと仕事あがりに誰かに誘っていただいて、一緒に夕食をとりながらの会話をしている。

 

有り難いなあ。

 

 

でも、仕事もパタパタしながらなので、なかなかに自分の時間が取れない。

 

これは良くない。すごく良くない。

 

 

 

もうね、部屋を見るともので溢れかえっているのよ。

 

(部屋と思考は同じって本当その通りだなと思う。)

 

 

 

わたしよ、手放す勇気を持とう。

案外、なくても生きていけるはずだよ。

わかっているのに、なかなかにできないのはなんでだろう。

何が恐いのだろうか。

 

 

一体自分が何をどれくらい保有しているのか、

わたしはわかっているのだろうか?

 

 

どこかでちゃんと、リセットしたいなあ。

 

 

 

と、このへんでやっぱり目につくのはニーチェなのでありまする。
(PCの前に置いているからそりゃそうだ。)


 

 

求めるものはここにある

 

きみの立っている場所を深く掘り下げてみよ。泉はその足下にある。

ここではない何処か遠くの場所に、見知らぬ異国の土地に、自分の探しているもの、自分に最も合ったものを探そうとする若者のなんと多いことか。

実は、自分の視線が一度も向けられたことのない自分の足の下にこそ、汲めども尽きせぬ泉がある。求めるものが埋まっている。自分に与えられた多くの宝が眠っている。

   『たわむれ、たばかり、意趣ばらし』ニーチェ

 

 

ざっと読んで、一行目におお。となったけれど、

3回くらい読み直したら最後の一文におおおおとなった。

 

「自分に与えられた多くの宝が眠っている」

 

ふむ。そうか。宝。与えられた宝。

 

(ってなんかわたし…こんな文章書いてますけど普通の人ですからね。大学の専攻とか日本文化学科でしたからね、哲学と無縁ですからね!笑)

 

 

 

 

ないないって思い込んで、手放せないのは、あるものに気づけていないから。

 

本当にないのか、と言われると、そんなことないんだと思う。のです。うん。

 

 

だってもう、本質、だけを感じ取ろうよ。

 

経験や体験はきっとこれから先も増えるから。

 

わたしが何に幸せを感じ、歓びを感じ、豊かさを感じているか。

 

もうどんどん削ぎ落としてシンプルになっていこう。

 

 

それをするためにどうすべきか。

 

時間は確か、作るものだね。

 

 

 

手放す勇気を持てたとき

 

きっと今よりもっと高く跳べる。

 

今よりもっと深く潜られる。

 

 

汲めども尽きせぬ泉を覗こう。

 

 

行こうぜ樹利佳、明日はこっちだ!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとう。

 

 

頑張った眼のために、瞼を月光浴させてあげませう。

 

 

 

それではきっと、また明日。