読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

今日のブログは二部構成。(後半書いたよ)

f:id:hug89hug:20170128200511j:image

 

やあやあ。わたしです。(本日2度目です。)

 

 

今日は初めての試みをしてみようかと思います。

(帰ってきてこれを書いています。) 

 

わたしには大事な素敵なお友達が、たくさんいます。

 その中のひとりが映画に誘ってくれました。

 (ありがとうね。)

 

なのでこれから桜坂へ。うふふ。

 

 

 

久しぶりの誰かと観る映画だなぁ。

 

 

今日はその映画を観た後に感じたことを書いてみようかと思います。

 

 

 

実は、わたしは人を誘うのが苦手です。

 

意外と思われることが多いけれど。

 

 

(ちゃんとお誘いできるようになりたいなぁ。)

 

 

 

ではでは、早速ですが、映画が終わった数時間後に会いましょう。

 

 

 

それではきっと、またあとで。←new!

 

 

 それでは、よっと…

 

 

お待たせしました!!!!

 

 

 

 

えー。こほん。観てきました。久しぶりの桜坂にて。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

いやー。宮沢りえさんよかった。

 

 

本日は

「何か映画を観に行こう。」ではなく、

「なりかさん、一緒にこれを観に行こう。」というお誘いでした。

 

 

前々から予告をちらちら見ていたので、気になっていた映画。

 

でもきっとひとりでフラッとは観に行かなかったかもなあ。

 

ありがてぇ!ありがてぇ!

 

 

主演の宮沢りえさんも長女役の杉咲花ちゃんも結構好きな女優さんだったので

 

シンプルに楽しみだなあと観ていたら、

 

 

もうやられました。

 

 

 

わたしは好きなタイプの映画だったなあ。

 

 

 

 

あらすじはざっくりと

余命2ヶ月の母(宮沢りえ)が、死ぬまでにしなくてはならないことを

大きく、深く貫いていく家族の愛の映画。って感じかな。

 

 

 

 

自分で立ち向かう勇気と強さ

受け入れて抱きしめる愛

許しと、切望

 

みんな大きく、深く、強い愛に包まれていました。

 

 

世界共通だと思うのだけれど

 

やっぱり母の愛は強い。

 

 

最後は全然重くなく、いい意味でイメージ通りのすっきりとした終わり方でした。

 

素敵な時間でした。ありがとう!とう!

 

いやー、しかし。仕事終わりに映画っていいなあ。

 

 

 

観終わったあとのふつふつとした熱を

冬の夜風が中和してくれて気持ちよかったです。

 

 

 

 

 

いま、わたしは悩んでいることがあるのだけれど

 

いろんな形で、いろんな角度で

確信に近いな。ってことは

 

 

「眼の前に居る、わたしを必要としてくださる方へ、
 心を込めて、技術を伴って、できた産物を差し出したい」

 

ってところだと思います。

 

(もうちょっとシンプルに書きたいなあ)

 

 

 

いま、目の前の人をしあわせにしたいと思えて

それができて。

尚且つそれができている自分自身がすき。

 

 

な、状態ってスーパー無敵。

 

(いいなあ早くわたしもそうなりたいぜ)

 

 

 

 

仕事でも、家族でも

行き着く先はそうだったらいいなあ。

 

 

 

 

漸くインプットできる心の余白ができた気がします。

アウトプットだいじ!そこからのインップット大事!!!!!

 

 

 

 

さてさて、今日は変動的なブログ(初の試み)となりましたが

お付き合いいただきましてありがとうございました。

 

 

 

変化する未来を、意志のままに泳ぐために

いま、丁寧に深呼吸をしよう。

 

 

 

手放したその先に残るものが

純度の高い愛だといいな。

 

 

読んでくださってありがとうございました!

 

 

それではきっと、また明日。