読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

追いかけたい背中を見せる。

f:id:hug89hug:20170130015758j:plain

 

 

ワークショップに行ってきました。

 

待ちに待ったこの日。

 

大好きなだいだい大尊敬するフォトグラファーさんが、横浜でセミナーやるってよ。

なことを知り、飛んできました。寒い!寒い!

 

ありがとう閑散期!ありがとう日々撮影頑張って連休取っても怒られないような働き方をした過去のわたし!

ありがとう行っていいよっていってくれた会社の皆様!

 

内容について書きたいけれど、書きすぎてしまいそうなので、ざっくり学んだこと、再確認したことを羅列してみます。

 

 

 

・技術って、引き出しであって目的ではない。

 

・現場での光に対するネバーギブアップ

 

・感情には逆らえない。

 

・主観と客観の両方を手に入れることで、お客さん(カップル)とクライアントと自分のみんな嬉しい。

 

・光源の気持ちになる。

 

・その一枚を見るだけで、その日を思い出してもらえるような一枚を撮るための努力をする。

 

 

 

あんまり書くとあれなので。こんな感じだけ。

 

 

でもでも、そんなにやっていることは難しくなかったのだ。

難しくないけれど、それを「やる。」のと「出来ない言い訳を並べる」のはもうぜんぜん違うよ。

だって、そのカットを撮れるまでに、何度トライアンドエラーを繰り返したことか。

 

 

 

 

わたしは沖縄にいるのですが、ロケだけじゃなくて挙式もパーティーも撮ります。

(これが撮れることがすごく嬉しい。)

 

でもでも本当、パーティでの光、難しくて。。。。

 

今日行って、現場でみんな同じように

悩んで、どうにかしたいって思ってもがいてて、諦めたくなくて。

 

うんうん。みんな悩んでいるんだな。

 

 

そういう同士に出会えたし、少しでもお客様に喜んでもらえる写真を撮るために、努力、工夫をしている背中を見て、

 

 

ああ、やっぱり素晴らしい職種に就いたな。と思ったのであります。

 

 

 

ああああああああーーー言葉でまとめるとなんて陳腐な!
悔しいなあ。この胸の高鳴りをちっとも伝えられている気がしない!

 

 

 

と、とにかくですね。

わたしの追いかけたい背中、たくさんあるんですが

そういう先輩方がいるこの職種は素晴らしいなと改めて思ったのであります。

 

 

そして、わたしもちゃんと後輩たちにその背中を、

追いかけたい思わせられるような背中を、見せていこうと思ったのであります。

 

 

はい。

興奮が冷めない状態で本当書くものではありません!笑

 

あああああああああむちゃんこしあわせな時間だった!
最高でした。行ってよかった。

 

 

 

 

自分の好きな自分を築いていこう。

 

今から変われる。もっともっと高みへ行こう。

 

進めなりかーーーー!!!!明日はこっちだああああああーーーー!!!!

 

 

 

 

今日も(今日は特に)読みづらいブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

生き方が写真に現れるような、撮り方できっと間違ってない。

 

 

 

ありがとうTOKYO!!!!

 

 

 

それではきっと、また明日。