読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

嬉シピ。

f:id:hug89hug:20170130015409j:plain

 

 

今日は久しぶりに、挙式やロケーションフォトだけではなく、

パーティーの撮影をさせていただいた。

 

今回撮影をさせていただいたお二人は、少し前に前撮りを担当させていただいたカップルで

 

久しぶりにお会い出来るなあ。と、すごく楽しみにしていた。

 

 

 

沖縄は自然に恵まれているので、

ロケーションフォトを依頼される方は多い。

 

けれども、わたしはなんだかんだでやっぱり

挙式やご披露宴の撮影が大好きだなあと思う。

(もちろんロケも大好きだよ!)

 

正直、挙式はお二人にお声がけなんて全くできないし、

ご披露宴中もなかなかに声でのコミュニケーションを取る機会は少ない。

 

だからロケのときはお二人と、自分。として撮影できるし、

そこに自分の力が(コミュニケーション含め)表れるなあとも思うのだけれど

 

挙式はやっぱりグンと神聖な空気になるし

愛を誓うその場にいられるというのはすごく貴重な経験だといつも思う。

 

加えてご披露宴はいままでのお二人を

お二人たらしめる存在が集う場所だし

そこにたくさんのおめでとうとありがとうがわちゃわちゃする感じが

とってもとっても素敵だと思う。

 

 

 

 

今日のお二人も、お二人のご友人やご家族には初めてお会いするし、

その会場もはじめましてだったのだけれど

すごくいい時間だったなあ。

 

 

 

ウェディングの現場は、とても慌ただしい。

決してルーティーンなんかではないし

その時々のカップルのベストを探すと、

自ずとそうなってくるものだと思う。

 

パーティーが終わるといっつもヘロヘロで

すぐには歩き出せないくらいになるけれど

 

今日のこの日を迎えるまでに

お二人にはすっごくいろんなことがあったんだよな。

って

当たり前のように毎回妄想して、想像して瞬間を残すっていうのは

それ以上のものをいつも与えてくれるなあと実感する。

 

本当にありがたいなあ。

 

 

もっともっとうまくなりたい。

わたしが撮らせていただける方へ、そのときのわたしのベストを差し出せるように。

道はまだまだ遠いけれど

この仕事はすごく、尊くて深い、素敵なお仕事だと思う。

 

 

ウェルカムスペースに、前撮りデータを使って作成された

お二人作のアルバムがあった。

 

 

自分が思いを込めて切り取った写真が、

こんな風に飾られているのを見ると、

(それはさして珍しいものに思われないかもしれないけれど)

目頭が熱くなるくらいに嬉しかった。

 

 

 

 

関わる人の、役に立てる何かがわたしにある。という自負は

必ずわたしを強くしてくれる。

 

 

この仕事が好きだ。

 

 

100点が取れなかったとしても

100%なら出せる。

 

伸びしろをもっともっと伸ばそう。

 

今日も本当に、生きててよかったーな1日だった。

 

ありがてぇ!ありがてぇ!

 

 

ぎっりぎりな更新ですが、なんとか間に合ったかな?

 

 

今日も会いに来てくださってありがとう。

 

 

それではきっと、また明日。