読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

ただ解決をさせたいが故の殴り書きなう。な、日。

f:id:hug89hug:20170220233720j:plain

 

 

 

日々増えていくタスクをこなすために

自分のキャパシティを広げたいと思うのだけれど

 

それができていないことが重なると

悲しくなってしまう。

 

 

自分の力でどうにかできることと

もちろんわたしがどう頑張っても変えられないこともあって

 

余裕が無いと、あんまり自分の好きな自分でいられない。

悔しい。結構ずしんと、悔しい。

 

 

だから自分で自分の好きなことを理解して

苦手なことと適切な距離を取って

自分なりに生きてゆきたいと考えているのだけれど

それもそれでなかなかに難しい。

 

 

 

どうしたらいいんだろう。

 

 

 

わたしは解決がしたい。

 

 

 

嘆くのは楽だ。

できない、できるようになりたい、悔しい、歯がゆい

 

でも、だからなんだって言うんだと思う。

 

なんで出来ないのかを考えようよと思う。

 

 

 

 

だから今やります。

 

 

 

今、わたしが何故こんなにキャパオーバーになってしまっているのか

 

 

事案から逆算して考える。

 

 

仕事をたくさん抱えてしまうのは

心地よい空間を作ろうとしてしまうから。

わたしの範疇の外のものまで、困っているのを見ると

つい手を差し伸ばしてしまう。

 

でもそれは本当はわたしの仕事じゃない。

やるべき人がやるべき。わたしはわたしのすべき事柄に力を注ぐ方が本当は大事。

 

 

できない状態の後輩を

デビューできるようにサポートしたいと思うし

するべきだと思う。

でも、本人に撮りたい意志や責任感がないのなら

こちらがどれだけ伝えても響きはしない。

 

これも本当はわたしの仕事じゃない。

引き上げるのは簡単。ゴールも近づく。

でも転んで気がつくことがあるように、いつまでもデビューできないとしても

どこかでちゃんと突き放すべき。過保護反対。誰のためにもならない。

 

 

 

自分の価値を、下げてしまっているのは

他ならぬわたしなのだと思う。

 

わたしの時間はどのくらい価値のあるものなのか

健やかな心や身体からの乖離を

見て見ぬふりをしてでもそれはすべきことなんだろうか。

 

 

 

 

 

多分、いまのこれは全てわたしの弱さが引き起こしていることだ。

 

 

するべきをきちんとしていれば

大丈夫だ。

 

余裕が無いのに他のことに手を差し伸べるのは違う。

それは教育でもサポートでもなんでもない。

自分のエネルギーを安売りしているだけに他ならない。

 

 

 

人には言えるのに、自分にはいつまでたっても言えないわたしなので

今日はちょっと強気に自分に喝を入れてみました。

 

 

わたしの価値を、自分で下げない。

利用だけしようとしているひとやコトをきちんと見極める。

適切な欲を持つ。

 

大丈夫だわたし。

信じろ。未来はこっちだ。

 

 

 

 

今日はちょっと個人的にむちゃんこ凹むことがあったのですが

次元を超えたハグをもらって復活させてもらったのでした。

ありがてぇ!ありがてぇ!

 

 

 

強く生きるぞわたし。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

 

 

 

健やかな思考と身体を意地を張ってでも守っていこう。

 

 

 

それではきっと、また明日!