読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいから黙って抱きしめろ。

ただいまとか おやすみとか 愛しているよとか。

その自信は過信にならないか。

f:id:hug89hug:20170224232937j:plain

 

 

芯のある人の言葉は強い。

 

経験から裏付けされた行動は安定感がある。

 

そう思って、そう在りたいと思って過ごしているけれども

 

 

自信をつけないと

胸を張って差し出せないから

 

最初は嘘っぱちでも

強がる必要性があった。

 

 

不安はわかりやすく、伝わってしまうから。

 

 

「自信を持って」

 

と云うのは容易くとも

 

自信の付け方は教えられない。

 

 

そう思いながら、今日、ちょっと

 

わたしも昔は今よりも自信、なかったよなあ。と昔を思い出していた。

 

 

場数を踏んで、想像して、失敗して。

 

守りに入りたい自分を叱咤して、チャレンジして少しずつ。

 

 

 

 

自信がないわけではないけれども

 

胸を張ってその姿を見せなきゃいけないこともあったから

 

 

 

でもね、なんというか、

ふと。

 

この自信は過信になっちゃいけないよなと

 

思ったのでありまする。

 

 

 

無理矢理つけたような自信だけど

 

やっぱり、つけなきゃやってられなかったから

 

 

今度はその自信をちょっとリセットして(こういう言い方が正しいのかアレだけど)

 

 

もいちど、立ち返ってみたいなあと思った。

 

 

 

 

その時の良いと思っていること、やっぱり変わっていくよね。

当たり前だけれど。

 

 

進化し続ける人が、やっとキープできるようなもんだ。

 

おごらず。謙虚にいよう。

 

 

 

だめだあああ余裕がないと中身が散ってる!許して!(だから誰にだ

 

 

 

 

今日もこんなブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

明日も撮影だ、しっかり寝よう。

 

 

それではきっと、また明日。